カテゴリーから探す

1

物件情報・メディア

不動産や街に関する全般的な情報や、個別物件情報を一般消費者に向けて掲載し、一般消費者を不動産仲介会社へ送客するプラットフォームを提供する。不動産購入に関する知識や専門家によるアドバイス等を提供し、メディアとしても機能する。

2

マッチング

不動産に関する様々なニーズを有する人々を結びつけるマッチング機能やプラットフォームを提供する。居抜きオフィスや相続不動産といった種別に特化したもの、リノベーションや工事等の業務に特化したもの、また、不動産プロフェッショナルや専門業者等の人材に特化したものがある。

3

業務支援

不動産事業者向けのサービスが中心であり、業務効率化を支援するシステムや不動産情報や顧客情報の管理・運営を支援するシステムを提供する。また、2017年10月に本格運用が開始されるIT重説の支援ツール等も含まれる。

4

不動産情報

不動産登記情報をデータベース化し、情報取得や解析・可視化を補助するシステムを提供する。また、不適切コンテンツを判別することで、情報の適正化や透明性の確保を支援し、不動産業界全体の価値向上を図るサービスもある。

5

価格可視化・査定

大量のデータであるビックデータを統計手法やAI等の解析技術を用いて分析することで、不動産価格や価値を査定する。物件の参考価格を地図上に示すものや一括査定で複数の査定価格を比較するもの、また、低料金で収益評価をネット取得できるものもある。

6

シェアリング

スペースとユーザーとの適切なマッチングで遊休資産をシェアすることで、空いているスペースを有効活用し新たな事業機会を創出する。会議室にはじまり、イベントスペースや駐車場、民泊、そして、美容室等に用途が拡大している。

7

クラウドファンディング

一般の個人投資家でもインターネットを介して少額から不動産投資案件へ参加できる仕組みを提供する。新たな不動産投資機会を創出するとともに、これまで資金調達の選択肢が少なかったプロジェクトにも調達機会を提供する。

8

ローン・保証

住宅ローン選びをサポートする比較サイトや詳細情報を提供する。シミュレーション機能や借り換えメリット査定等により、借手の立場で最適な住宅ローンをアドバイスする。

9

VR

VR(ヴァーチャルリアリティ)技術を活用して物件を擬似内見できるシステムや、AR(拡張現実)技術を活用して、家具配置や材質等のシミュレーションを提供する。また、直観的なユーザーインタフェースにより、コミュニケーションや合意形成を支援するものもある。

10

IoT

各種センサーやWEBカメラ等との連携で、リアルタイムで不動産の状況を確認できるシステムや、電子錠を用いた自由度や安全性が高い入退室管理システムを提供する。IoTを操作するアプリケーションにより、オーナーと入居者とのコミュニケーション機会も可能となる。